So-net無料ブログ作成

フジテレビ 月9ドラマ 鍵のかかった部屋 ~密室パズルミステリー~ 第1話 あらすじ [鍵のかかった部屋]

フジテレビ月9ドラマ 鍵のかかった部屋 ~密室パズルミステリー~ 第1話 あらすじ


フジテレビの新月曜ドラマ「鍵のかかった部屋が4月16日夜9時より
スタートします。

初回は10時9分までの15分拡大放送となります。

今回の主演は、警備会社に勤める榎本径に大野智さん。
普段は警備会社の備品庫で鍵の研究に没頭している鍵おタクである。
ひとたび密室における難事件が起こると、榎本径がどんな巧妙なトリックも解き明かし
事件を解決に導くというストーリーです。

第1話の密室事件。その裏に隠された巧妙なトリックを榎本は解明できるのか・・・。

出演は、

大野智 戸田恵梨香 佐藤浩市 能年玲奈 ほか

■鍵のかかった部屋 第1話あらすじ■

警備会社・東京セキュリティに勤めている榎本径(大野智)は、密室事件に依頼を受ける。
依頼したのは弁護士の青砥純子(土佐恵梨香)で、彼女の先輩弁護士芹沢豪(佐藤浩市)と共に
密室事件の現場にやって来た。
着いた所は、ある山荘で葬儀会社の社長・大石と言う男が遺体で発見されていた。
警察の調べでは、事件現場が密室であったことと、亡くなった大石が末期のがんであったことから自殺と
断定していた。
しかし、大石の友人の円山と司法書士の日下部(堀部圭亮)は死因に疑念を持ち、死因の特定のため
芹沢に依頼したのだった。

榎本ら3人を山荘まで案内した日下部は遺体の発見状況を話始める。

遺体発見当日、日下部は亡くなった大石の甥で葬儀会社専務の池端(風間杜夫)
山荘に来た。外から部屋を覗くと人影が見えたため、窓を破り中に入ると、大石が
ドアに背にし体育座りのような格好で死んでいた。腐敗が進んだ遺体にはウジがわいていたという。

重厚なテーブルが脚の前に置かれ、それを重いソファで動かなく固定してあり、ドアには天井から床まで白い
幕が張ってあって、そこに遺体は座っていたのだ。

日下部の話を純子が聞いる傍らで、芹沢は榎本に自殺だろうと同意を求める。とその時、榎本は
遺体と同じ姿勢でテーブルとドアの間に座っていた。

数日後、純子と芹沢は、榎本の会社、東京セキュリティを訪ねる。備品倉庫と書かれた倉庫に居る榎本は
一度しか行かない山荘を完全に再現した模型を見せ、大石が自殺かどうか検証するという。

鍵のかかった部屋 第2話 あらすじ
鍵のかかった部屋 第3話 あらすじ
鍵のかかった部屋 第4話 あらすじ
鍵のかかった部屋 第5話 あらすじ
鍵のかかった部屋 第6話 あらすじ
鍵のかかった部屋 第7話 あらすじ
鍵のかかった部屋 第8話 あらすじ
鍵のかかった部屋 第9話 あらすじ

ドラマで大野智さんが着用 レイバン メガネ


 
オリジナルサウンドトラック










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。